ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き。グラスウール充填断熱。

November 8, 2018

こんにちは。岡本和樹建築設計事務所です。

 

今日は祇園の家の現場レポートを。

 

 

現場は屋根葺き工事中でした。

 

祇園の家は南側に下がる屋根の勾配が緩いので、ガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きを採用しています。

 

およそ300のピッチでハゼを立ち上げる構法。

 

写真は北面の屋根で勾配がありますが、南側は緩くなっています。(職人さんが工事中でしたので南側はまた次回UPします)

 

ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き。

 

滑り台のように水が落ちるために雨仕舞がよく、緩勾配屋根でも対応可能な施工方法です。

 

 

 

内部は・・・

 

 

一部ですが断熱工事中。

 

これからサッシを取付して、残りの部分を断熱していきます。

 

今回使用した断熱材は、

 

パラマウント硝子工業の太陽SUN。

 

気密シート後張りのタイプの断熱材です。

 

筋交の部分も切り欠いて施工しやすく、シート後施工のため、全面をしっかりシートで被うことができます。

 

気密シート付のグラスウールよりしっかりした施工がしやすいと考え、採用致しました。

 

 

 

おまけ・・・

 

 

足場に当事務所のシートもつけていただきました。

 

大きい通りから一本入った住宅街ではありますが、看板シートが付くと気が引き締まりますね!

 

 

Please reload

​カテゴリー
アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter Basic Square
旧ブログへはこちらから

栃木県宇都宮市を拠点に住宅設計をメインとして活動する 岡本和樹建築設計事務所 のウェブサイトです。

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon