高根沢の家、中も外も垂木掛け。祇園の家、上棟に向けて。

October 4, 2018

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。

 

高根沢の家は中と外と大工工事が進んでいます。

 

 

工事監理の日は大工さんが1階の庇の垂木掛けを作っているところでした。

 

 

庇がおよそ80センチでます。

 

先端が荷重に耐えられるよう根元からしっかりと。

 

軒裏は杉板張りの仕上げになります。

 

 

内部も床の跳ね出し垂木が施工されていました。

 

こちらは化粧になりますからこのまま現しになります。

 

 

2階から見るとこんな感じに。

 

この上に床を張っていき、仕上がりになります。

 

吹抜の先端に桧の現し垂木。

 

 

 

ひと工夫の+αのデザイン。

 

仕上がりにどの程度の影響を与えてくれるか。たのしみです。

 

 

 

もうひとつ現場を。

 

 

祇園の家は11日の上棟日を前に土台敷きを行いました。

 

 

朝の写真なのでまだ基礎のままですが、夕方にはぐるっと土台は回ったと思います。

 

いよいよ木工事。

 

現場に行くのがより一層たのしみになります。

 

 

 

 

 

Please reload

​カテゴリー
アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter Basic Square
旧ブログへはこちらから

栃木県宇都宮市を拠点に住宅設計をメインとして活動する 岡本和樹建築設計事務所 のウェブサイトです。

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon