現場レポ。宇都宮のクリニック。祇園の家。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。

今週は2件の現場レポート。

宇都宮市の中心地で建築中の宇都宮のクリニックと、下野市祇園で建築中の祇園の家の2件の進捗です。

まずは宇都宮のクリニック。

待合室の天窓が取り付きました。

9連窓。

クリニックの性質上、外壁に取り付く窓はすべて頭より上の高窓なので、メインの採光が天窓になります。

雨を前に屋根葺きも完了。

ガルバリウム鋼板の長尺横葺き。

30mの巾をジョイントなしの一枚で葺いていただけました。

内部の工事を先行で大工工事が進んでいます。

祇園の家は・・・

今週末に足場がいよいよ解体されます。

内部は塗装工事中。

塗装を終え、クロス、建具、クリーニングと進んでいきます。

3月竣工です。

最後にもうひとつ・・・

今週末にお引渡し済みのFU-CHIさんち(古河の家)へと竣工写真の撮影に伺わせていただきます。

住まわれているお施主様宅の竣工写真の撮影。

とてもたのしみです。

現像を終えましたら公開させていただきますので、ご覧になっていただきたいと思います。