富岡商工会議所に寄り道。キッチンハウスの帰り道。

こんにちは。岡本和樹建築設計事務所です。

先週の記事で書いたキッチンハウスさんの見学の帰り道に富岡商工会議所を見てきました。

北面道路側は瓦屋根と木製サッシというシンプルながらも潔い外観。

東面には木造トラス構造の大スパン建築は構造が外観にもそのままの形で意匠に。

木造トラスによる構造意匠一体の建築。

トラスだからこそできる大空間に思わず「お~っ」と声を出しそうになる。笑

構造体であるトラスがそのまま本棚になっていたり、組子格子がトラスの細かな意匠として引き継がれていたり。

構造がそのまま意匠になる設計をよく用いる当事務所としてはとても参考になる建築でした。

すべて杉で作られた階段。

手摺の縦格子の細くシャープな印象と段板・ささら桁の力強い太さのギャップ。

階段の滑り止めは ステンレスの細いバー。

細やかなディテールがそそられます。笑

住宅のスケール感とは違いますが、参考になるディテールやデザインがたくさん。

寸法感などを整理して、今後の設計に活かしていければと思います。

寄り道してよかった。とても実りある建築探訪となりました。