鶴田の家「ta-ji」竣工写真UP致しました。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。

「works」に鶴田の家「ta-ji」の竣工写真を載せさせていただきました!

こちらにも少し抜粋で紹介させていただきますね。

外壁は板金職人さんの手仕事によるガルバリウム鋼板の横葺き。

全開口部分と無開口部分。

間取りによって開けるべきところはしっかり。開けないべきところはまったく。

メリハリな外観。

夕景になると開口部の灯りが映える。

内部。

木組みをすべて現しにした1階の天井。

天井と言うか、梁上の杉板は2階の床。

ですがもちろん剛床。3倍床工法。

後施工で天井を作らない。構造がそのまま意匠になる仕上げ。

木造組み放し仕上げ・・・とでも呼びましょう!

木組みがそのまま意匠になる。

プランニングの時点から木構造を考えながらの設計。

整ったピッチで、荷重に無理のないように2階と1階の間取りを作っていくこと。

それは見た目だけではなく、見えない荷重というものを考え、木造という家自体を大切に設計する作業だと思います。

「works」に残り全ての写真を載せさせていただきました。

ぜひご覧になってくださいね。