鶴田の家。完成間近です。

こんにちは。岡本和樹建築設計事務所です。

鶴田の家が完成間近になってまいりました。

外壁はガルバリウム鋼板の横葺き。

一枚一枚板金職人さんの手作業によるものです。

手をかけていただいた分、既製品には決してできない仕上がりに。

写真は足場を解体している最中のものですが、現状はもう足場もはずれ、バルコニーの木手摺も出来上がっています。

小庇はタニタハウジングウェアさんのものを使用させていただきました。

板金の外壁とベストマッチです。

見どころは内部にも。

リビングの天井は今回も、梁と床の構造躯体現し仕上げです。

木工事中の写真ですが、見上げるとやはりダイナミック。

天井となる2階の床には杉のハギ板を使用しています。もちろん構造用認定品です。

中も外もこだわりのつまった家。

材料も作り方も選び方ひとつだと思います。

工事完了までもう一息。

職人さん方にはよりよい仕上りにしてもらえるようお願いして現場を後にしました。