高根沢の家。大工工事進行中。桧と杉。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。 高根沢の家はフローリングの施工が始まりました。 日光桧の無垢フローリングを張っていきます。 窓や建具の枠材も日光材。 こちらは日光杉の柾目です。 柾目とは木目模様が縦にしか入らない部位のこと。 柾目の材料を枠に使用することで、長い間にも反りがでにくく、建具との隙間ができにくいという調書があります。 もちろん見た目も美しい。 いい材料を使用できることは設計者としてたいへんうれしい仕事です。 天井は・・・ セルロースファイバーの断熱材を施工するための準備が完了しました。 天井下地の上の薄地のシート。 こちらは断熱材の湿度を調整してくれる調湿シートです。 セルロースファイバーは繊維系断熱材ですので、湿気の調整が性能に大きく影響しますからね。 この上に石膏ボードを張り、壁内に湿気が入らないように施工し、万が一入った湿気もまた外に出せるようにするための調湿シートです。 外部も順調に進んでいます。 一度真っ黒になります。 この後にモルタルを塗り、リシンの吹き付けで仕上ります。 モルタルを塗る前のアスファルトシート。 しっかり留め付けて、メタルラスを張って言っているところです。 以上。 今週の現場レポートでした。 また来週も進捗をお知らせできればと思います。

高根沢の家、カーテン・造作ソファ打合せ。祇園の家、上棟後。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。 ブログの更新が2日も遅れてしまいました・・・。あしからず・・・。 先週末、高根沢の家のカーテンと造作ソファの打合せをしてまいりました。 生成りの生地を選ばれたお施主様。 リネンのカーテンと無垢の木がよく合う仕上りになりそうです。 高根沢の家はカーテンだけでなく、ソファもオーダーで作り付けます。 造作家具工事でソファ。 ウレタンの硬さも検討し、生地もサンプルをとって選び、寸法も打合せで決めていく。 オーダーだからもちろんミリ単位で。 家具屋さんで選ぶことももちろん楽しいし、いいソファもたくさんあります。 それも数ある選択のひとつ。 造作でソファをオーダー。 これもひとつの選択です。 お施主様それぞれに答えがあるからいいんですね。 工事の進捗は・・・ 現場は外部を優先して工事が進んでいます。 1階の庇も作られ、南面の外観が整ってきました。 ヒノキの破風と鼻隠し。 少しづつ色がついてきて、いい風合いになってくるでしょう。 もうひとつ現場レポを。 祇園の家は無事に上棟。 雨養生もしっかり。 これから金物を取り付け、筋交を入れ、屋根、サッシ、外壁と進んでいきます。 インナーバルコニーの高さ感もちょうどいい包まれ感。 全体の外観はまた来週にレポート致します。 デザインの違った2棟の現場。 大切に現場監理していきます。

日光田母沢御用邸。建築見学。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。 20年来の昨夜は友人と食事に行っていたためブログ更新できずでしたので、本日金曜日に。 いつもお世話になっている日光の工務店さん、日光木材工業さんに教えてもらい、 「日光田母沢御用邸」を見学してきました。 田母沢御用邸は大正天皇が過ごした場所として有名な建築だそうで、元は紀州徳川家の武家屋敷を移築したものだとか・・・。(※経緯の詳細はホームページやパンフレットで) 建築的にも非常に興味があったため、見学しに行ってきました。 縁側から中庭を望む。 総鎧張りの外壁と寄棟のプロポーションに包まれる苔庭。 開口部がとてつもなく美しい建築でした。 寄棟の下にしつらえられた軒庇の二段屋根。 その低さの安定感もさることながら、屋根・庇・開口部・手摺といった水平ラインの重なり合いが本当に美しい。 中庭を経て、廊下を通り、また中庭へ。 渡り廊下から見える山並みも豊かな借景になっていました。 ちょうど雨戸を閉め始めるタイミングで見学できたためいいものを見ることもできました。 出隅(建物の角)で回転する雨戸。 建築好きにはもはやちょっとしたショー笑 雨戸が閉まった後に中庭から撮影。 通風のガラリがひとつおきについていたり、夏を涼しく過ごせる工夫がされているんですね。 池のある遊歩道から。 木製の雨戸・外壁と銅板の屋根。 どちらも自然な経年変化でとても味のある色合いになっています。 今度は雨戸が開いているときにまたこの場所から見てみたいアングルです。 昔ながらの木製雨戸。 もちろん鍵にも建具職人の工夫が。 鍵にだって金具は使いません。 この桟木を上にがたんとはめ

高根沢の家、中も外も垂木掛け。祇園の家、上棟に向けて。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。 高根沢の家は中と外と大工工事が進んでいます。 工事監理の日は大工さんが1階の庇の垂木掛けを作っているところでした。 庇がおよそ80センチでます。 先端が荷重に耐えられるよう根元からしっかりと。 軒裏は杉板張りの仕上げになります。 内部も床の跳ね出し垂木が施工されていました。 こちらは化粧になりますからこのまま現しになります。 2階から見るとこんな感じに。 この上に床を張っていき、仕上がりになります。 吹抜の先端に桧の現し垂木。 ひと工夫の+αのデザイン。 仕上がりにどの程度の影響を与えてくれるか。たのしみです。 もうひとつ現場を。 祇園の家は11日の上棟日を前に土台敷きを行いました。 朝の写真なのでまだ基礎のままですが、夕方にはぐるっと土台は回ったと思います。 いよいよ木工事。 現場に行くのがより一層たのしみになります。

〒321-0962 栃木県宇都宮市今泉町3020-1

株式会社岡本和樹建築設計事務所

​TEL:090-5820-7904

​MAIL:okamoto.k.0129@gmail.com

LINK

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
ロゴ.jpg

 共同創造家づくりブランド「尺-SHAKU」

​ https://shaku-nikko.com/