祇園の家(仮称)計画開始!!!

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。 先月からお打合せさせていただいていました、祇園の家(仮称)。無事に計画もまとまり、着工へと実施設計へと入りました! 住宅地での計画のため、しっかりとプライバシーを確保できる中庭型の住宅。 道路面からみてもLDKがしっかり守られ、心静かに暮らせます。 2階の寝室は道路からの距離を検討し、ベッドやナイトテーブルへは視線が届かない奥行になるよう配慮しています。 内部のスケッチ。 初回提案時のスケッチなので、天井の仕上げや床や内装の色などはこれから詰めていきますが、 中庭を中心として暮らしを包み、ゆったりとした時間を過ごせるようなご提案したいと考えています。 暮らしを豊かなものに。 しっとりとゆっくりと。 毎日の暮らしをより大切にしてもらえる家にしていきますっ。

照明計画。ユニバーサルダウンライト。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。 今日は照明器具のお話。 最近の住宅では天井にどーんと大きなシーリングライトをつけることなく、ダウンライトですっきり配灯する住宅を目にすることが多くなってきていますね。 個人的には壁にブラケットライトをつけたり、 ペンダントライトを卓上に下がるように吊るしたりして照明計画をするほうが好きですが、 もちろんスッキリみせるデザインにするために、ダウンライトを中心に配灯することもあります。 今回は自宅のソファ上部にあるダウンライトを「ユニバーサルダウンライト」というものに取り替えてみました。 こちらがユニバーサルダウンライト。 筒の中で器具の角度が自在に変えられるというスグレモノです。 狙いはこのように。 ソファに寝転がったりしても光源が目に入りにくく、眩しくなりにくいのではないか?! という怠惰な試みです笑。 ユニバーサルダウンライトに取り替えた方は灯りの角度が真下ではなく斜めになっていることがわかりますね! これで心置きなくソファでごろごろ生活が手に入りそうです笑。 ここのところ帰りが遅く、なかなかソファに座っている時間は取れませんが、たまの休日はゆっくり。 今日はこのあたりで。 また来週水曜日に更新しますね。

鶴田の家「ta-ji」竣工写真UP致しました。

こんばんは。岡本和樹建築設計事務所です。 「works」に鶴田の家「ta-ji」の竣工写真を載せさせていただきました! こちらにも少し抜粋で紹介させていただきますね。 外壁は板金職人さんの手仕事によるガルバリウム鋼板の横葺き。 全開口部分と無開口部分。 間取りによって開けるべきところはしっかり。開けないべきところはまったく。 メリハリな外観。 夕景になると開口部の灯りが映える。 内部。 木組みをすべて現しにした1階の天井。 天井と言うか、梁上の杉板は2階の床。 ですがもちろん剛床。3倍床工法。 後施工で天井を作らない。構造がそのまま意匠になる仕上げ。 木造組み放し仕上げ・・・とでも呼びましょう! 木組みがそのまま意匠になる。 プランニングの時点から木構造を考えながらの設計。 整ったピッチで、荷重に無理のないように2階と1階の間取りを作っていくこと。 それは見た目だけではなく、見えない荷重というものを考え、木造という家自体を大切に設計する作業だと思います。 「works」に残り全ての写真を載せさせていただきました。 ぜひご覧になってくださいね。

雀宮の家。もうすぐ完成です。

こんにちは。岡本和樹建築設計事務所です。 水曜日更新できず、木曜日になってしまいました。 あしからず・・・。 さて、プランニングのみですが、お手伝いをした雀宮の家が今週竣工致します。 ラップサイディングのソリッドな外観。 北側が道路のシンプルな三角屋根の家です。 内部はかなりアメリカン。 吹抜を介してレンガの壁が1~2階まですべてつながります。 いつもの当事務所の作風とは異なりますが、素材感あふれる家になっていると思います。 オープンハウスは今週末 3/10・11の土日。 ご見学希望の方は当事務所「contact」よりお問い合わせいただくか、 090-5820-7904(岡本)までご連絡ください。

〒321-0962 栃木県宇都宮市今泉町3020-1

株式会社岡本和樹建築設計事務所

​TEL:090-5820-7904

​MAIL:okamoto.k.0129@gmail.com

LINK

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
ロゴ.jpg

 共同創造家づくりブランド「尺-SHAKU」

​ https://shaku-nikko.com/