top of page

関東らしく平野を高台から見下ろしたい。

開けた景色に大きな開口部を持った家で暮らしたい。

そんな思いの土地探しからはじまったい家づくり。

東側一面に広がる田園風景を自分たちのものとしてパノラマの景色を得る暮らし。

スキップフロアになったリビングにより、外の道路面をカット。

見えるものは緑と空という思い描いた通りの開口部を実現しました。

リビングからつながるウッドデッキは基礎を飛び越えさらに外部に跳ね出します。

深い軒に包まれたウッドデッキは内部の延長のように使用でき、室内にいても外に空間が伸びているような効果も得られます。

土地の特性を生かした家づくり。

​ここにひとつの答えとして実現しました。

木造平屋建て
栃木県下野市

2024年竣工

施工:川中子住建

​​撮影:矢野津々美

_ANO0602
_ANO0644
_ANO0638
_AN15256
_AN15258
_AN15175
_AN15156
_AN15107
_AN15193
_AN15244
_AN15239
_AN15218
_AN15186
_AN15223
_AN15247
_AN15212
_AN15231
_AN15234
_AN15249
_AN15091
_AN15274
_ANO0681
_AN15322
_AN15302
_AN15324
_AN15314
_AN15307
_AN15347
bottom of page